子供のテーマパークデビューで失敗したこととは?

子供がテーマパークデビュー!気を付けたいこととは?

しっかりしておきたい!持ち物の準備!

二番目に多かった失敗談はベビーカーや抱っこ紐を持って来ないことでした。 だいぶ大きくなったな、と思って両方持って行かないと、「疲れてしまったときに大変なことになった…!」というお父さんお母さんの意見が多かったので、どちらかは持って行ったほうが良いですね。

出来れば念入りに下調べを!

今は、どこのテーマパークでも、親切なホームページが開設されています。 お子さんが小さい場合は特に、そのようなホームページを活用して、入念に下調べをし、計画を立ててから行くことをお勧めします。 電車などを使っていく場合も、その駅の図面やトイレの場所など、チェックしておいた方が良いことは沢山です。

動物園もおススメ!

このページでは、動物園や遊園地に行く際、また飛行機での移動の注意点をまとめてみました。 子供さんが、本当に小さい場合は、動物園なども良いですよね。遊園地よりはのんびりしていますし、費用的にも安くて済みます。 子供さん連れの飛行機の移動での知恵も書いてみます!

これも持って行った方が安心!ベビーカーや抱っこ紐!

テーマパークでの失敗談として、一番多かったのが、持ち物の準備不足でした。

第一位は、「着替えやおむつ」。
子供がまだおむつをしているときはもちろん、その後、だいぶ大きくなってからも、着替えという点での失敗をされた方は多いようです。

子供が外で外食すると、ジュースを飲んだりして、おしっこが増えてしまうときもありますよね?また冷えてお腹を壊して、下痢になってしまうことも…。
おむつやおしりふきはいざという時のためにしっかり準備したほうが良さそうです。
トイレトレーニング中のお子さんと一緒の時は、特に、着替えも必ず持って行った方が安心ですね。

また、お出かけの際に、意外に多いのが、子供が乗り物に酔ってしまって吐いてしまい、洋服を汚してしまうこと…。
車だけでなく、飛行機の中でも、体調が悪かったり、疲れていたりすると吐いてしまう場合があるので要注意です。着替えまで持っていくのは荷物になりすぎる場合は、エチケット袋を用意しておくと安心です。エチケット袋だけであれば、あまり荷物になりません。(飛行機の中にはエチケット袋はついていますが…空港へ行くときや帰るときの車内などでも必要な時があります)

また、酔いやすい体質のお子さんの場合は、市販の酔い止めなどを服用させてもいいですね。小さい子供さんから飲みやすい飴タイプの酔い止めも出ています。

また、冬場にテーマパークに出かける際は、子供も親もこれでもか!と、暖かい恰好をしていった方が良さそうです。
外出先で洋服を買うと、意外に高くて大きな出費になることもあります。